清見寺公式ホームページ臨済宗妙心寺派 巨鼇山 清見興国禅寺

仏 殿

天保13年(1842年)に再建されました。正面には釈迦如来の坐像(徳川家康 三女静照院寄付)を泰安し、両脇に迦葉、阿難の両尊者の像が安置されています。

背後に三開山(開山 関聖上人)(準開山 太原崇孚禪師)(中興開山 大輝祥暹禅師)の木像を安置してあります。