清見寺公式ホームページ臨済宗妙心寺派 巨鼇山 清見興国禅寺

大玄関

建物は唐破風造りで、元和2年(1616年)徳川家康 3女正清院の寄進で建築されました。

此の玄関の天井板は清見関の古材を使用しています。戦いで絶命した際の血痕が付いた建物の床板・縁板を、供養などのため天井に張り替える血天井といわれるものです。